平成27年 相続税法改正

平成27年からの相続税法改正

平成27年から相続税法が大きく変わります。これにより、今ままで相続税とは縁の無かった人にも税金がかかるようになったり、相続税が高くなったりと、多くの人が影響を受けます。


1.相続税の基礎控除額の引下げ

 相続税は、相続で貰った財産の金額が大きいほど高くなりますが、貰った財産の全額に税金が課されるわけではありません。財産額から基礎控除と呼ばれる一定の金額が減額されたうえで税金が課されます。平成27年1月1日以後の相続発生から、この基礎控除額が下がるため、今まで相続税が課されなかった金額でも税金がかかるようになったり、税金の額が大きくなったりします。

イメージ画像

2.相続税の税率控除の見直し
相続税の資産再分配機能を向上させるため、以下のように税率構造の見直しが行われます。

イメージ画像

3.どのくらいの増税になるか
相続税の基礎控除と税率控除の見直しにより、相続税額はどのくらい増税になるか、試算結果は次のとおりです。

イメージ画像
イメージ画像