職員日記

2017/12/18

  12月に入りいよいよ年末となってきました。税理士事務所としては年末調整の季節であり、繁忙期に突入です。

 年末調整とは、 給与の支払いを受ける一人一人について、毎月の給料や賞与などの支払の際に源泉徴収をした税額と、その年の給与の総額について納めなければなら税額(年税額)とを比べて、その過不足額を清算する手続きです。
 この場合の年税額は、給与所得者の扶養控除等(異動)申告書や保険料控除申請書等をもとに課税される所得税金額を計算して税額を算出します。

 なお今年使用する平成29年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書は、今年の最初の給与が支払われる日の前日までに会社に提出しなけばなりません。それをもとに会社が徴収額を計算する仕組みとなっているため、年末調整時期に内容に変更はないかを本人に再度確認する必要があります。